2018.12.05

送風機・熱交換器の設計製造販売(三上鉄工株式会社)

送風機・熱交換器の設計製造販売

■概要

三上鉄工株式会社(みかみてっこう)は埼玉県越谷市に本社を置く送風機・熱交換器および関連製品の設計・製造・販売を業とする日本の企業。送風機においてはシロッコファン、ターボファン、クロスフローファン、軸流ファンを網羅する。

製品(送風機・熱交換器)の直接の買い手は各種の装置メーカーが中心。かつて販売先は少数で限定的であったが、1990年代半ばから北海道から沖縄まで顧客を広げた。また、装置に組み込まれた製品は海外各国へ渡っている。 製品の主な用途は一般空調機、IT関連機器、乾燥機、温(冷)風発生機、食品関連各種装置、冷凍冷蔵倉庫、半導体関連各種装置、炉、各種プラントなどがある。

■ご挨拶

三上鉄工の製品は、 効率アップと優れたコストパフォーマンスをお約束致します。平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 弊社は、1960年に送風機の製造を開始して以来約50余年、常に技術力、性能、品質の向上を図り、製造設備、検査、試験設備等の増強と充実、さらにコストの低減を目標に日々努力を続けています。

今日、弊社送風機の使用される分野は大きく拡大し、各種プラント、環境/公害設備、空気輸送、集塵装置、冷凍冷蔵設備、加熱/乾燥装置、空調設備、環境試験、風洞試験設備、家庭用暖房機、IT機器、OA機器、農業、エネルギー関連業界、電源関連等、非常に多方面にわたっています。取扱ガスも多種(通常空気・特殊ガス・化学合成ガス等)にわたり、同時にそれらに対する温度(-50℃~+500℃)、湿度(0~100%)、腐食性、磨耗性、有毒性、固形混合物の有無等、使用条件が非常に細分化され多様化し、且つ高効率のものが求められております。

以上の諸元に対応する為に、弊社では材料、強度、機器類などの念入りな検討、装置内での機能設置場所に対する形式の決定等を行い、迅速かつ的確にユーザー各位のニーズを製品に反映させることを第一の目的としています。弊社製の送風機および熱交換器は比較的低価格にてご使用頂けるものと確信しております。今後とも尚一層ご愛顧下さいますようお願い申し上げます。

■会社概要

設立:1965年(昭和40年)1月1日

資本金:1000万円

代表取締役:三上樹一郎

本社所在地:埼玉県越谷市宮本町3-133

■沿革

1948年 - 東京都墨田区にて創業。有限会社 三上金属工業所 金属引物加工。社長 三上敏兼 資本金50万円

1956年 - 業務内容、一般製缶加工へ変遷。

1965年 - 三上鉄工株式会社 設立。資本金100万円。送風機・熱交換器の製作を開始。現在地新工場へ移転。

1992年 - 新社屋完成。

1992年 - 資本金1000万円に増資。

1997年4月 - CADを増強。

1998年10月 ホームページをインターネット上に公開。 半導体,IT関連業界向けファン受注増加。 食品業界向けファン受注増加。蓄熱暖房機・一般空調用小型ファンの受注増加。

2004年6月 - DCブラシレスモーター付小型クロスフローファンに米国UL規格認証取得。

2008年7月 - 事務処理のOA化の推進により取引先数の増加と製品の多様化に対応。

2008年 – 建設業界レンタル向け大型軸流ファンの製造を開始。

2010年1月 –輸送機器メーカー向け風洞実験装置向け大型ファンの製造を開始。

2010年1月 - 社長三上樹一郎に交代。前社長は会長職へ就任。埼玉県知事より経営革新計画の認証を受ける。

2012年 - 大型軸流ファンを量産開始。

2012年 - 農業向け可搬型送風機の製造を開始。

2013年 – バランス修正機を改修および増設。

2014年 – 3次元CADおよび流体解析システムを導入

2015年 - 創業50周年記念式典を開催

2015年 – 環境マネジメントシステムの運用を開始(京都環境マネジメントシステムスタンダード)

2016年 – 自動車業界向けステンレスシロッコファンを量産開始

2018年 – 縦軸シロッコファンを新規開発量産

2018年 - 創業以来最高売上高を更新